自動車修理 板金 塗装:東京都あきる野市のメルセデスベンツを得意とする自動車総合整備工場

東京都あきる野市引田592-1 株式会社 ウエストオートサービス 042-559-2626
HOME 業務案内 工場設備 修理事例 カーライフ情報 会社案内 お問合せ

板金・塗装

 

当社では、自動車保険を使った板金修理のお客様から、自費での修理で「なるべく安く直したい」とご希望されるお客様まで、広く対応できるように様々な修理方法をご提案させて頂いております。
新品部品を使用した板金修理を基準として、その他にリサイクル部品を使用したり、通常では交換となってしまう物を修理可能な場合は出来るだけ使うようにするなど、お車の板金修理にいくつかのプランをご提案してその作業方法の違いやメリット、デメリット等をお客様にご説明致します。
疑問に思われることは遠慮無く何でもお聞き下さい。

*板金については、専用工具(セレット社製 フレーム修正機、セレット社製 フレーム測定器、バイスバース社製 アライメント四輪アライメントテスター)を使用して作業を行っております。

*塗装については塗装ブース(アンデックス社製)にて専用塗料(メルセデスベンツ:スタンドックス、国産車:各社指定塗料)を使用して作業を行っております。

板金・塗装の流れ

step1.jpgStep1
へこみ・ひずみの確認

最初に、へこみの様子を確認します。少しのへこみでも、ひずみがかなり広範囲にわたっていることがあります。どこまでがひずみで、どこまで修正するのか、ここで見きわめます。
             ↓
step2.jpgStep2
周辺部分の取り外し

鈑金が必要なパネルの付属部品を取り外します。
             ↓
step3.jpgStep3
塗膜の剥離

ここからが、鈑金の本作業です。1.で確認したひずみの範囲の塗装面を、サンダーで削り、鉄板むき出しの状態にします。これは、次の作業でワッシャーを溶接するのに必要な作業となります。
             ↓
step4.jpgStep4
溶接・引き出し、たたき出し

鉄板を伸ばさず、板金パテの使用量を減らすため、丁寧に作業を行います。
             ↓
step5.jpgStep5
パテ塗り

板金(鈑金)が終了後にパテを塗り、その後に元の状態にする為に、ペーパーを使いパテを削り形成します。
             ↓
step6.jpgStep6
1次サフェ

ペーパーで削った後に、サフェーサー(ねずみ色の塗料)で塗装しペーパーの削り具合を確認します。凹凸が多い場合は、再度、ペーパー仕上げします。
             ↓
step7.jpgStep7
調色

色合わせは、長年の職人技と目で調色機材を使い、色合わせをします。
             ↓
step8.jpgStep8
塗装、クリアー、パール塗装

塗装は、塗装ブースにて下地が見えなくなるまで完璧に塗ります。他の範囲に塗料が飛ばないように、マスキング(養生)します。パール色の場合は、さらにパール色を塗装します。塗装後に塗料を守り、ツヤを出す為にクリヤー(無色透明)を塗ります。
             ↓
step9.jpgStep9
仕上げ、組み付け、完成

最後に仕上げ磨きを細かいペーパーで削り、表面にツヤを出しサラサラにします。組み付け、磨きを完成後に、お車をピカピカにして納車となります。