自動車修理 板金 塗装:東京都あきる野市のメルセデスベンツを得意とする自動車総合整備工場

東京都あきる野市引田592-1 株式会社 ウエストオートサービス 042-559-2626
HOME 業務案内 工場設備 修理事例 カーライフ情報 会社案内 お問合せ

メンテナンスガイド

エアコンの臭い対策

しばらく使っていないエアコンのスイッチを入れると、風と一緒にカビくさい臭いが漂うことがあります。エアコン内部やフィルターにカビが生えるとカビ臭くなります。

家庭のエアコン用と同様、カーエアコンにもフィルターが付いています。フィルターは消耗品なので、カビが発生した場合は交換します。交換の際にはフィルター周りのダクトの掃除も忘れずに。

エアコン内部のカビに対しては市販のスプレー式脱臭剤が効きます。吹き出し口にスプレーするのもよいですが、内気循環モードにして室内の空気取り入れ口からスプレーするのがさらに効果的です。

新鮮な空気を定期的にエアコン内に循環させると、カビ発生はある程度は予防できます。春や秋でも定期的にエアコンをかけ、冷気をダクト内に通しておくと良いでしょう。

車の塗装は塩分に弱い

車のボディーは表面処理した鉄板の上に何重もの塗装が施されています。しかし、表面処理や塗装が一部でも剥がれると、そこからサビが発生します。サビの主な原因の塩分と水は身近なところにあります。 海の近くでは、海から吹いてくる風に塩分が含まれているため、海の近くほど風に乗って運ばれてくる塩分は多くなります。

また冬の積雪寒冷地では、路面の凍結防止に融雪剤をまくことがあります。その成分は塩化カリウムや岩塩、つまり塩分なのです。
これらの塩害から車の塗装を守るにはこまめに洗車をするのが一番なのです。サビの成長は驚くほど早いので、早めに洗車をすることも大切です。スキーや海水浴の帰りに、洗車機で洗うこともおすすめです。